×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

山口白陽の川柳2005.4.19更新

説明: 県嘱託01

.

旅慣れのいきなり雑誌出して読み

火を借りて口火もつける席隣り

順不同前に書かれたのがひがみ

喧嘩して乗ってどちらも立っている

龍と名をつけたは親の欲もあり

喧嘩して乗ればみんなに席があり

譲り合って乗ればどちらも席がなし

ストリップ煙草の灰が長くなり

向うから社長がやってくる廊下

ゼニ持っていたのが悪い社会面

「猛犬に注意」が家を嗤(わら)わせる

むつかしい顔が歯科医の門を出る

広告も読んでしまった待合所

死傷者がタッタ五人で小さく組み

ぜいたくな家を他人が建てている

湯上りのあご膝にのせ爪を剪(き)り

あれ並みはイヤと吉川紫綬を蹴り ※吉川英治紫綬褒章辞退

くだもの屋欲を映した大鏡

月末が近いおかずになってくる

ボーナスにされた愛想に反り返り

鋤焼(すきやき)にもつつましくない女房

経文のてんで分らぬ有難さ

つくろうと思って出来た子でもなし

裏門は余計持つほど這入りよし

アイロンをかけたついでに家を焼き

 

親切の仕甲斐をやはり気にかける

薬屋のいっち効くのは手製なり

果物屋鏡に映すだけは欲

禁酒日をその後に決める松の内

満員バス借りてる奴と向ひ合い

竜年の生れ巳年をないがしろ

老人会よくよく見れば元なじみ

龍ぶって海老ものけぞる辰の春

下手な絵に非売品とは書きも書き

終点が近くてあいた席にかけ

減税と家に私は票(い)れました

ともかくも当選すればあとはあと

邪気のない親切受けぬ憎らしさ

 

質問・感想・ご意見はこちら

山口白陽文学館受付に戻る