×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戦歌集 (はぶ)りの丘 山口純彦(すみひこ)

説明: カウンター
[PR] 保険

説明: 葬りの丘表紙

 

掖河に亡びし二七八連隊の記憶のために

 

目次

 

序文 「(はぶ)りの丘」を推す     島田四郎

 

序歌

第一部   鎮魂(ちんこん)の歌

第二部   掖河(えきが)戦闘の歌

第三部   収容所(ラーゲル)の歌

あとがき                著者

(ばつ)にかえて              山口白陽

表紙・扉               浜田知明

 

※表紙は浜田知明の連作版画「初年兵哀歌」の「歩哨」。初年兵の中には過酷な軍隊生活に耐えられず、歩兵銃の銃口を口にくわえ、足で引き金を引いて自殺する者が少なからずいた。扉は「ぐにゃぐにゃした太陽」。

 

実録 (はぶ)りの丘 −(まん)殉難記(じゅんなんき)

 

 

山口白陽文学館受付に戻る